納骨式の準備には何が必要?当日の式の流れもここで解説!

納骨式の前に準備することや納骨式の当日はどんな流れで進めて行くのかをご存知でしょうか。

ここでは、無事に納骨式を終えることができるように事前に準備が必要な物と式の当日の流れについてをご紹介していきます。

今後、納骨を控えているというご遺族の方などは是非参考にしてみてください。

納骨式とは

納骨式とは、お葬式・火葬まで済ませた後に遺骨を納骨堂に納める際に執り行う式のことをいいます。

一般的にお墓がある場合は、四十九日法要のときに合わせて納骨式をしますが、手元に遺骨を安置する人の場合には納骨式はしません。

納骨式の準備について

納骨式を行うまでに準備することをご紹介していきます。

①納骨場所の選定

まず遺骨を納骨する場所を選びます。

既にお墓がある場合はお墓に納骨をしますが、お墓を持っていないという場合には用意ができるまで「納骨堂」などに遺骨を預けなくてはなりません。

納骨堂は遺骨を一時的に預けて、お墓が完成してから遺骨を移すということもできますので大変に便利です。

②埋葬許可証・火葬許可証の用意

納骨をする時には、「埋葬許可証」というものが必要です。

まず、故人が亡くなった時に交付された死亡届・死亡診断書を各市区町村の自治体へ提出をすると、「火葬許可証」という物が交付されます。この火葬許可証があると火葬をすることができます。

次に火葬を終えると、火葬許可証と交換する形で埋葬許可証が受け取れます。

これで埋葬をすることが可能になり、納骨の際に寺院や霊苑など墓地の管理者に提出をして納骨を行います。

③納骨式の会場(納骨堂)の予約

納骨式をお墓でする場合も納骨堂でする場合でも、事前に会場に連絡をして予約まで済ませておきましょう。

多くの人が参列がしやすいように土日や祝日で行うこと多いので、特に土日やお盆の時期はどのお墓も納骨堂も混みあっています。

案内は出したけど、予約が取れなかったということがないように早めに予約をしておくことをおすすめします。

④会食会場の手配

納骨式が終わった後は、すぐに解散という訳ではなく参列者に対して食事を振る舞います。

会食をする場所は、「自宅・霊園の法要室・お寺・ホテル・食事処」などさまざまですが、自宅で食事をする場合には食事の準備をその他で食事をする場合には会食会場の予約をしておきましょう。

また、自宅以外で会食をする場合には、会場からあまり遠くない場所を選びましょう。

⑤引き出物の準備

納骨式に参列してくださった方々に、お帰りの際にお渡しする引出物を用意しましょう。引出物の相場については3,000円〜5,000円くらいが一般的だといわれています。

⑥お供え物の準備

納骨後には、お花・果物・お酒・お菓子などをお供えします。生前に故人が好きだった物を買い揃えてあげると良いでしょう。

⑦参列者への連絡

納骨式は、一般的には家族や親族のみで行われることが多いです。

しかし、親族以外にも故人と親しかった友人なども参列をされるのであれば、その方々には招待状を渡してあげるのが親切でしょう。

納骨式の当日の流れ

ここで、納骨式の当日はどのような流れになるのかを簡単にご紹介をしていきます。

①喪主(遺族代表)挨拶

参列者や僧侶などが揃ったら、遺族代表である「喪主」の挨拶によって納骨式は始まります。

喪主は、一般的に亡くなられた故人と血縁関係が深い人物が役目を務めます。

②納骨

喪主の挨拶が終わったら、骨壷をカロートに納めて納骨をします。

この納骨をする方法は地域や宗教によっても異なり、骨壷のまま納骨をするところもあります。

③読経・焼香

納骨をしたら僧侶による読経が始まります。

読経の始まったら喪主や遺族など血縁関係の深い人達から順番に焼香を開始します。

参列者の最後の人まで焼香を済ませたら、僧侶が読経を終了させます。

④お供え

焼香をする時にできれば痛まない物で、お供えも一緒にしてあげましょう。

⑤会食

納骨式の後は、参列した方々と食事をする機会があります。この会食をする会場は、自宅・霊園の法要室・お寺・ホテル・食事処で行うケースが多いです。

食事を済ませた後は、喪主の方から参列者に対して挨拶が行われ、帰り側に引き出物を受け取って解散する流れとなります。

納骨式の所用時間について

各ご家庭の宗派や参列者の人数によっても変わってきますが、納骨式自体にかかる時間はおよそ「30〜60分」くらいだといわれています。

納骨式はいつするのか

納骨式はいつしなくてはいけないといった決まりはありませんが、一般的にはお墓がある場合には四十九日法要と合わせて、お墓がない場合には一回忌の時と合わせて納骨をする場合が多いです。

ただし、納骨式は宗教などによっても微妙に時期も異なります。詳しい納骨のタイミングについては「一般的な納骨の時期はいつ?宗教で異なるタイミングを紹介!」を参考にしてみてください。

カトリックの納骨について

カトリックの納骨は、1ヶ月後の命日に行われる追悼ミサで納骨式を行い、プロテスタントとは1ヶ月後の昇天記念日に納骨をします。

このように同じキリスト教でも、「プロテスタント」と「カトリック」で納骨については微妙に違いがありますので注意をしてください。

納骨式を欠席したい時

もし納骨式に参列する立場で式を欠席したい場合にはどうすればよいのでしょうか。ここで、ご遺族の方にも失礼のない納骨式の欠席の仕方をご紹介します。

欠席の連絡は早めに

納骨式を欠席をする場合は、必ず早めに連絡をしましょう。

連絡が遅れてしまうと、ご遺族の方々が人数にカウントをして会食や引出物の準備を進めてしまう恐れがあります。

四十九日法要の案内状が届いてから1週間以内を目安とし、案内状に供えられている「はがき」で欠席の返事をしましょう。

お詫びの手紙の文例

はがきとは別にお詫びの手紙を用意する場合には、下記のような文例で作るとよいでしょう。

前略このたびは○○様の四十九日法要にお招きいただきありがとうございます。

お招きいただいた法要の件について、 当日どうしても都合がつかず欠席させていただくことをお許しください。
是非お参りしたかったのですが、大変申し訳ございません。

些少ながら別便にてお送りさせていただいたもので ○○様の御仏前へのお供えとしていただければと思います。

ご遺族の皆様方にはくれぐれもよろしくお伝えください。
なお、後日改めてお伺いし、お参りいたしたく存じます。

草々

まとめ

今回は、納骨式の準備と当日の流れについてご紹介をさせていただきました。

納骨式を迎えるまでには、喪主の方はいろいろと準備を進めなくてはいけないことが数多くあります。

特にお墓や納骨堂などの納骨式の会場などは、混み合って予約が取れない場合もありますので早め早めに会場の予約はするようにしましょう。

関連記事

  1. なぜ埋葬する必要があるのか?遺骨を納骨する意味と目的を解説!

  2. 一般的な納骨の時期はいつ?宗教で異なるタイミングを紹介!

  3. 納骨までの日取りの決め方と避けた方が良い日について解説!